短期的な活躍に期待される

 転職経験の多さは不利な要素になる業界が多いですが、IT業界の場合にはそれに見合った考え方で採用が行われることがよくあります。まだ転職経験が少ない頃はそれほど意に介されることはなく、ポテンシャルが十分にあれば良いという視点で採用されるでしょう。その期待に応えて現場の仕事に対応できるようになっていけば、活躍の道が切り開かれます。

 一方、あまりに転職経験が多くなったジョブホッパーのエンジニアの場合には、採用の際に少し視点が異なります。派遣社員やフリーランサーを起用するのと同じ考え方になるのです。短期的な活躍を期待して獲得するのが派遣社員やフリーランサーに共通する点であり、主に不足してしまっている技術を持っているエンジニアを補充するために用いられています。それらと同じ視点から現在進行中のプロジェクトへの寄与や、新しいプロジェクトの起ち上げ部分、完成部分での活躍を期待して採用することが多くなるのです。

 短期的に大きな成果を上げて欲しいという期待がありますが、それに応じられるスキルを予め持ち合わせているとその期待に応じられるでしょう。すぐ目の前に活躍できる可能性のある現場を与えられることが多いのが転職経験の多いジョブホッパーの魅力であり、そこで活躍できると次の働き方を考える選択肢が広がります。そのまま雇用を続けてもらうこともできますが、また転職をするときに役立つキャリアにもすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15